「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

彼と結婚することになったものの、「結婚式は挙げたくない」という彼の言動に困ってしまう女性も、少なからずいるでしょう。なぜ男性は結婚式に消極的なのでしょうか。ここでは挙げたくない理由と、結婚式を挙げるようにするにはどのようにしたらよいか、対処法をご紹介します。

 

結婚式をしたくないのはなぜ?理由4つ

1.段取りが面倒そうだから

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

仕事で忙しい彼に多いのが、結婚式の準備が面倒そうだから挙げたくないという意見です。式が決まると、土日のデートはほぼ式の打ち合わせになります。さらに、段取り・引き出物・ドレス・招待客など、決めることがたくさんあります。式を挙げることには反対ではないけれど、準備に時間がとられてしまうことを懸念して、式を挙げたくないと思っています。

 

2.式にお金がかかるから

ちゃんとした結婚式をするなら、百万円単位のお金がかかってくるのが現実です。その分のお金があれば、新婚旅行や新婚生活にお金をかけるべきだと思う彼は、式にお金をかけることが理解できません。経済的な面を心配し、入籍だけですませたいというのが本音です。

 

3.できちゃった婚だから

子供がいる場合は、子供が小さくて式をするのに大変な場合もあります。すでに結婚生活が始まっているため、式を挙げるタイミングを逃しやすい現状も。さらに、できちゃった婚をよく思わない親族がいると、結婚式に招待しにくくなることから、式を挙げなくてもよいのでは?という結論になりやすいです。

 

4.親族・友達を呼ぶのが大変

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

友達の多い人は、だれを招待するのかを決めなければなりません。後から「呼ばれなかったんだけど・・・」と言われてしまうのを避けるべく、式に対して消極的になってしまう場合もあります。一方で、交友関係があまりない場合は、自分と新婦で友達の数を比べてしまうケースも。新婦よりも少ないと、寂しい思いをしなければならないのは嫌、という本音が隠れています。

 

結婚式をして良かったと思う既婚者は多数

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

結婚式を前向きに考えられなかった人でも、実際に式を挙げてみると、「想像以上に感動した」という声や、「両親にちゃんと感謝できた」という喜びの声もあります。そのため、「式までわざわざ挙げなくても」という彼氏の発言をうのみにしてしまうと、将来的に後悔することにもなりかねません。ではどのようにしたら、彼が結婚式を考えてくれるようになるのか、次から対処法をご紹介します。

 

彼氏が結婚式をしたくない時の対処法4つ

1.妥協点を探してみる

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

「式を挙げる!」「いや、挙げない」という言い合いでは、平行線のまま終わってしまいますので、2人でどこまで歩み寄れるかを考えてみましょう。たとえば盛大な結婚式ではなく、招待客をしぼったこじんまりとした結婚式なら、まあまあ許容範囲と受け止めてくれる男性も多いです。時間がネックになっている彼なら、彼がやるべきことを最低限にしぼればよいでしょう。結婚したことを周囲に報告するために、どのような形がベストなのかを考えてみてください。

 

2.ブライダルフェアに行く

実際に結婚式に行ったことがない彼の場合は、式へのイメージが湧きにくいことから反対している場合もあります。またテレビで見る芸能人の結婚式のように、「盛大な式を挙げなければならない」と思っていると、式に対して身構えてしまう点も否めません。式が決まっていなくても、ブライダルフェアに出かけて、どんなプランなら大丈夫そうなのか、リサーチしてみるのもおすすめです。

 

3.経済的な面で援助をしてもらう

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

お金がないという理由から、式を断念している場合は、両親から援助をしてもらうことができないかも、考えてみましょう。特に20〜30代にとって、数百万円ほどかかる結婚式は、一般的に考えても大きな負担です。とはいうものの結婚式は、お金をかけるに値するほどの感動が得られる可能性も、大いにあります。ぜひ両親にも相談してみましょう。

 

4.既婚者からメリットを話す

式を挙げる理由がわからないという彼には、結婚式を挙げた既婚者から話を聞くことが一番です。経験している人の意見を参考に、彼に式のことをきちんと考えてもらうようにしましょう。また結婚式の動画などがあれば見せてもらうなど、彼にメリットを多く感じてもらうようにしてください。

 

式をすると結婚の実感が湧く

「結婚式は嫌」という彼に困った!式を前向きに考えてもらう4つの対処法

結婚式をしなくても、入籍することはできます。式を挙げる・挙げないの違いは、結婚したことへの実感が湧くか湧かないかの違いにも相当します。式を挙げれば、「よし、結婚したから仕事もがんばるぞ」というやる気にもつながります。こじんまりとした式でもOK。その後の心構えも考えると、結婚式はやるべき価値があるといえます。

 

さいごに

最初は式に消極的だった男性でも、実際に挙げると「結婚式をして良かった」と思っているケースは、少なくありません。彼がなぜ式をやりたくないのか理由を知り、それに合わせた対策をすることが大切です。お互いに妥協点を探し、無理のない範囲で結婚式をすることも考えてみましょう。

 

https://kounenki-tomo.com/