男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

自分が好きになって付き合うことになったのか、それとも相手から告白されて付き合ったのかでは、付き合い方が異なってくるといえます。相手から告白され、断る理由がないから付き合った、という人もいるくらいです。理想はお互いの想いが50-50になることですが、現実はどちらかの想いのほうが大きいことも。ここでは恋愛において、自分が愛する人を選んだほうが幸せなのか、それとも自分を愛してくれる人を選ぶほうが良いのかを考えてみたいと思います。

 

愛する・愛されるにはどんな違いがあるの?

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

愛する・愛されるには、心境の変化の違いがあります。理想の異性と出会った時は、「この人いい!好き!」とトキメくことも。もしもお付き合いができたとしたら、好きな想いが実り、「やったー!」と心から喜ぶはずです。愛する人と付き合えると、毎日のテンションもアップし、充実感が得られます。

 

では、自分を愛してくれる人(愛される場合)と付き合うことになったらどうでしょうか。告白は相手からで、自分は相手に対し、それほど特別な想いを感じていなかったとします。交際すると、愛されているため、大切にされているという実感が湧きます。しかし、自分が愛するテンションではないため、最初はトキメキ度も低めです。愛される場合は、相手の一途な思いを受け止めていくうちに、徐々に好きになることもあります。

 

恋愛において愛する人と愛される人では、いったいどちらのほうが幸せになれるのでしょう?次からは、それぞれのメリットに注目していきます。

 

愛する人と付き合う3つのメリット

1.好きな感情で幸せいっぱい

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

相手のことを好きになって付き合えた喜びは、毎日の生活にも影響し、心から楽しい日々が送れます。ただし、相手が心底どう思っているのか、そもそも自分のことが好きなのかが見えにくいのが難点です。時には、相手の気持ちを確かめることも大切です。

 

2.好きな人をゲットできた喜び

好きな人と付き合えたことは、1つの成功体験になります。これは恋愛だけではなく、勉強や仕事にも良い影響をもたらすでしょう。「やればできる」という前向きな思考になりやすいため、愛されることばかりを望む人よりも、積極的な生き方にもつながります。

 

3.ドキドキ感が高まる

恋愛ならではの、ドキドキ・ワクワクを常に感じられるのは、愛される場合とは大きく違います。生きるパワーが湧きやすく、さらに自分の魅力を高めてくれるものになるでしょう。そんな様子を見て、相手もあなたのことを以前よりも好きになってくれる可能性も大です。

 

愛される人と付き合う3つのメリット

1.愛されている実感が湧く

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

愛する場合とは違い、じわじわと愛されている実感が湧いてきます。たとえ最初の印象はイマイチな相手でも、しだいに愛されることの喜びに満ちてくるでしょう。付き合いたては、ドキドキやワクワクを感じにくいものの、自分を愛してくれる人をきちんと見つめることができます。

 

2.浮気されにくい

相手から好きになってもらえれば、よほどのことがない限り、ほかの女性に心が傾くなんていうことはありません。付き合っていても、想いのバランスが取れていないと、どちらかが浮気をしやすいリスクもあります。反対に、女性が一方的に好きになったケースでは、要注意といえます。

 

3.心が安定し余裕ができる

付き合う前後で、心境の変化が穏やかな傾向があります。そのため、心に余裕ができてマイペースに過ごすことができます。相手から連絡がなくても、特に不安になることもありません。ただし、相手の想いが重すぎると、心が辛くなってしまうことにも注意しましょう。

 

恋愛と結婚ではどちらが続くの?

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

それぞれのメリットはわかりましたか。ここからは結婚を視野に入れた場合、愛する人か愛される人か、どちらを選んだらよいかも考えていきます。

 

1.愛する人は恋愛向き

恋愛なら、自分が好きになった人と付き合えれば幸せです。ただし、相手の本気度が低く、「まあ告白されたから付き合った」という場合は、注意。付き合ってから相手を惹きつけるほどの魅力がないと、一方的に別れられるケースもあります。恋愛の段階ならまだしも、結婚の場合は離婚のリスクもともないます。そのため、愛する人が自分を本気で好きになってくれない限り、恋愛どまりにしておいたほうがよいといえます。

 

2.愛される人は結婚向き

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

理想のタイプとはかけ離れていても、相手から愛されているのであれば、安定した関係を続けることができるため、結婚も視野に入れられます。結婚するか否かは、「この人と一緒にいたい」と思える点から判断してみてもよいでしょう。結婚では、安定した生活が第一です。一緒にいて安心できる相手なら、普通の幸せを手に入れることができます。

 

さいごに

男選び!どっちが幸せ?自分が愛する人・愛される人それぞれの違い

愛する人と付き合うと、充実した日々で幸せを感じやすくなります。愛される人と一緒になると、じっくりと相手を見ることができ、安定した幸せを感じられます。愛する人と長続きをさせるなら、相手の気持ちを確認することが大切です。愛される人との恋愛は、長続きしやすいものの、物足りなさを感じてしまう場合もあります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、どちらを選んでも幸せになれるといえます。